柴猫軒について

「『しば犬』なら聞いたことあるけど、
『しば猫』なんて聞いたことないよ~」
と、言われます。
ごもっともです。すいません(*´ω`*)
猫好きの店主が、「どこにでもいる日本の猫」
っていう感じでつけた名前です。
猫モノ雑貨を作っていた時代に使っていた名前でもあります。
宮沢賢治『注文の多い料理店』の「山猫軒」も意識のどこかにはいっています。
みなさんに覚えてもらえるとうれしいです!
柴猫軒をどうして始めたか、なんて
お客さまにとってどうでもよいこと、ですけど
柴猫軒は、店主が、
今はじめないと、ずっとできないから、
やってみようかな!
ということで始めることにしたお店です。

お酒を飲みながらおいしいものを食べて

読んだ本のこと、

趣味のこと、

過去のこと、

未来のことなどを話したり

ひとり思いにふけったり

楽しいひとときを過ごしてもらえたら

うれしいです😃